西穂高 一泊二日の旅 2016夏

2016/07/30から1泊2日で西穂高に行って来ました!

 
▪️今回の旅
新穂高温泉〜しらかば平駅〜ロープウェイで西穂高口駅〜西穂山荘〜西穂独標〜ピラミッドピーク〜西穂山荘〜上高地
 
竹橋から夜行バスに乗って6時過ぎに新穂高温泉に到着!
到着前はものすごい雨が降っていましたが・・・だいぶ小降りに
雨は降らない予報でしたが、予報が外れました〜どうなるかな?

f:id:ritsco:20160815230322j:plain

雨具を着て、出発準備完了!

 

▪️しらかば平駅

新穂高温泉を出発して、新穂高ロープウェイの第2ロープウェイ駅のしらかば平駅を目指します。

雨で地面が濡れて滑りやすかったり、歩道が雨水、湧き水で溢れていたりと雨模様ならでは登山となりました。

f:id:ritsco:20160815230337j:plain

歩くうちに、雨は上がったのでラッキー

f:id:ritsco:20160815230353j:plain

ザックにナメクジが・・・ ^^;

▪️西穂高口駅

ロープウェイで西穂高口まで到着。

雲が減って、天気が改善してきました〜

f:id:ritsco:20160815230404j:plain

西穂高山荘目指して出発です。

空は雲が切れてきましたが、足元は濡れていて歩きにくかった。

f:id:ritsco:20160815230418j:plain

去年も来ているので、道をなんとなく覚えていて楽に進めました。

前回は1時間ほどで山荘に到着しましたが、今回は足元が悪いことが原因か?1時間半ほどかかりました〜

でも、無事、到着です!

f:id:ritsco:20160815230429j:plain

 

▪️西穂高独標

西穂山荘を背に、西穂高山頂を目指して出発です。

ここからの道は、大小いろいろな岩がゴロゴロした道が続きます。

ちょっと気を許すと、道を踏み外しそうになるので注意しないと危ない(._.)

滑って転んでいる人を2人みました!!

f:id:ritsco:20160815230732j:plain

 最後は、両手両足を使ってよじのぼる感じで独標に到着!!

f:id:ritsco:20160815230505j:plain

景色は・・・真っ白で何も見えませんでした。残念?

 

▪️ピラミッドピーク

西穂高山頂を目指して、独標を後にします。

しかし、景色は真っ白・・・で足元ぐらいしか見えない状況です。が、前に進みます。

小さな頂上を幾つか越えてたどり着いたのが、ピラミッドピークです。

ますます真っ白・・・本当はどんな景色が観れるのかな?

f:id:ritsco:20160815230611j:plain

目標は西穂高山頂でしたが・・・天気や時間を考えて断念

西穂高山荘に向けて再出発したところで、大粒の雨が降ってきました。あらら

山で大粒の雨にあったのは初です。少しの間の雨でしたが、山の天気の怖さを味わいました。

 

西穂高山頂に着く頃には天気も改善して、雲も少なくなってきました。

テント泊の人も多くいますね〜

f:id:ritsco:20160815230518j:plain

 

▪️2日目

朝焼けです。この日は天気が良くなりそうです。

f:id:ritsco:20160815231244j:plain

雲海が見えます。今年は雲海によく出会います。

遠くまで良く見えます。西穂高山頂に行ったら、素敵な景色が見えるのかな?でも、昨日の疲れで登る元気がないので、本日は諦めて下山します。

f:id:ritsco:20160815231254j:plain

また来ます!

上高地へ向かって下山します。

f:id:ritsco:20160815231305j:plain

今日は、遠くまで良く見えます。

f:id:ritsco:20160815231319j:plain

上高地までの道は、かなり急な下り坂が続きます。上高地から西穂高に向かう人たちは大変な道のりだな〜

f:id:ritsco:20160815231338j:plain

上高地まで2時間ほどで到着しました。

上高地もとっても良い天気で、周りの山々も良く見えます。

f:id:ritsco:20160815231405j:plain

河童橋のあたりは大混雑です。

f:id:ritsco:20160815231417j:plain

梓川の水は、あいわからず綺麗で、心が洗われます。

f:id:ritsco:20160815231435j:plain

温泉に入って、バスを待つ間に上高地帝国ホテルに行ってきました。

「ロビーラウンジ グリンデルワルト」で、一休み。大きなゼリーを食べました。

生フルーツもあって美味しかったです〜

f:id:ritsco:20160815231447j:plain

 

今回は西穂高山頂まで行けなかったので、次は頂上を目指したいな〜

宿題を残すと、また来る理由ができて良いね。

 

 

 

奥多摩・鳩ノ巣渓谷 2016夏

2016/07/17に去年も行った奥多摩鳩ノ巣渓谷に行ってきました。

 

▪️アクセス

立川から青梅線に乗って「古里駅」で下車して、ハイキングスタートです。

古里駅は立川から約1時間)

 

▪️古里駅

ハイカーがたくさん下車していました。みんな、どこに行くのかしら?

今日の天気はどんよりした曇り空。

f:id:ritsco:20160815221513j:plain

多摩川沿いを奥多摩方面にひたすら歩くのが本日のハイキングコースです。

古里駅からまずは多摩川沿いに整備された道を歩きます。少し歩くと、民家が現れて道を間違えたかな?と思ってしまいます。

f:id:ritsco:20160815221528j:plain

 

民家を過ぎて山道に入りますが、このハイキングコース一番の難所です・・・が、距離が短いので辛くなる前に上り坂は終了です。

f:id:ritsco:20160815221544j:plain

 

だんだん上流になってくると、川幅も狭くなり、川の様子が変わってきます。

夏なので、川遊びしている人たちもちらほら。

釣りをする人や、川沿いでバーベキューをする人たちもいました。暑い夏、川沿いは涼しくて気持ち良い!

f:id:ritsco:20160815221608j:plain

「お肉カフェオーガニックアースガーデン」でお昼ご飯。

f:id:ritsco:20160815221715j:plain

ものすごく人気で、30分ぐらい待ちました。

待った甲斐があり、美味しいビールが飲めました〜

f:id:ritsco:20160815221638j:plain

舞茸の素揚げと、豚丼を食べました。

豚丼の写真を撮るのを忘れました・・・

f:id:ritsco:20160815221651j:plain

ご飯を食べた後、奥多摩駅に行くまでに奥多摩温泉「もえぎの湯」に入って、汗を流しました。

「もえぎの湯」も大混雑。男性は整理券をもらって、入浴待ちでした。

 

温泉の後は、奥多摩駅から帰ります。

約4時間ほどのハイキングなので、ちょうどよいコースです。

 

 

 

 

竹富島2泊3日の旅 2016

2016/07/10〜2泊3日で竹富島に行ってきました。

 

▪️西表島までの道のり

・飛行機で羽田空港から石垣島直通に乗りひとっ飛び!

羽田空港6:40発→石垣空港9:35着

 ・石垣空港からは、路線バスで石垣島離島ターミナルまで約40分

 

離島ターミナルにある具志堅用高さんの銅像です!!石垣島に来たら、やっぱりこれでしょ!

f:id:ritsco:20160815124451j:plain

離島ターミナルからは竹富島行きのフェリーで約15分で、竹富島に到着です!

台風通過後なので、晴れるかな〜と思っていましたが、ところどころ青い空が見え隠れする曇り空です。

f:id:ritsco:20160815130113j:plain

 今回、お世話になる宿は星のや竹富島です!

f:id:ritsco:20160815124844j:plain

今回の部屋です。まりを持った変わりシーサーです。(前回は風車を持ったシーサーでした)

f:id:ritsco:20160815124808j:plain

部屋の様子です。なぜか部屋の真ん中からの写真しかありませんでした・・・

ほとんどの時間、デイベットに居ました。家にも欲しい!

f:id:ritsco:20160815124820j:plain

 

▫️コンドイビーチ

綺麗なビーチとして有名なコンドイ浜に行ってきました〜

白い砂と遠浅が特徴でしょうか?

f:id:ritsco:20160815132620j:plain

曇り空なので海の色がどんよりしていますが、綺麗なエメラルドグリーンです。

海岸沿いから10メートルぐらい先に砂浜が見えているので、歩いて上陸してみました。360°海、海、海です!

f:id:ritsco:20160815124932j:plain

海の色が独特で、とってお綺麗です。

 

▫️島内散策

竹富島唯一の展望台である「なごみの塔」です。

f:id:ritsco:20160815133253j:plain

島全体が見渡せます。

青い空(ちょっと雲が多いですが)、赤い屋根、白道と緑が綺麗です〜

f:id:ritsco:20160815133236j:plain

有名な水牛車です。私は乗りませんでしたが、島中に水牛車が歩いていました。

f:id:ritsco:20160815125011j:plain

 

▪️2日目

ホテル内の展望台から日の出を見ようと思いましたが、雲が多く出ていて見れませんでした〜

f:id:ritsco:20160815125353j:plain

ホテルで自転車を借りて、島内を散策です。

お昼ご飯は「竹の子」で八重山そばを食べました。すごいに人気店で多くのお客さんがきていました。八重山そば、おいしかったです。

f:id:ritsco:20160815125412j:plain

▫️西桟橋

西桟橋からの海です。海の色がとっても綺麗です!びっくり!

前日より雲が減り、太陽の光も多くなっています。

f:id:ritsco:20160815135155j:plain

▫️2日目のコイドイビーチ

太陽の光を浴びると、海の色が違います!!すごい綺麗です!

前日より、透けるような色をしています。

f:id:ritsco:20160815125430j:plain

▫️牧場

竹富島島内に牧場があります。牛が放牧されていますが、牛も暑いのか、日陰に集まっていました。

f:id:ritsco:20160815135346j:plain

▫️夕飯

「かにふ」で夕飯です。

f:id:ritsco:20160815125444j:plain

やっぱり夏なこれだね!

f:id:ritsco:20160815125458j:plain

 

西桟橋からの日の入りです。

f:id:ritsco:20160815125528j:plain

 

帰りに、野生?脱走した?水牛をみました。一生懸命、草を食べていました。

f:id:ritsco:20160815125545j:plain

 

 ▪️3日目

日の出です。地平線と雲の間から太陽が出てきました。

f:id:ritsco:20160815125733j:plain

▫️朝食

ホテルにあるレストランで朝食です。

島どうふ入りのおかゆ定食です。もずくの自家製佃煮が絶品。

f:id:ritsco:20160815125745j:plain

最終日ですが、出発までの間、自転車で散策です。

ホテルから町につながる道です。島を巡る道は、珊瑚が敷き詰められた白い道です。自転車だと少し走りにくいですが・・・竹富島ならではの雰囲気があります。

大きなトカゲが道を横切りましたが、あまりの大きさと素早い動きにびっくり!

f:id:ritsco:20160815125759j:plain

▫️美崎御嶽(みさきうたき)

美崎御嶽は、竹富港の近くにあり航海安全、海上平安の神として祀られている場所で、島の人々が、旅に出たり、帰ってきたときに祈願したり感謝する場所のようです。

f:id:ritsco:20160815125811j:plain

▫️安里屋クヤマの墓

竹富島に住む絶世の美女と言われた安里屋クマヤの墓があるところみたいです。ただの海に続く道でした。

f:id:ritsco:20160815220217j:plain

 

▫️コンドイビーチ

3日目のコンドイビーチです。天気により海の色が違って何回見ても飽きない場所です。

f:id:ritsco:20160815125827j:plain

▫️ちろりん村

たぶん・・・竹富島で一番お洒落なカフェ?バー?の「ちろりん村」でパイナップルシェイクを飲みました。おいしかった!!

f:id:ritsco:20160815125840j:plain

 

沖縄の旅も、これで終わりです。

次はいつこれるかな?

f:id:ritsco:20160815125857j:plain

車山高原

2016/06/18車山高原に行ってきました。

 

車山高原までの道のりです。

 ▪️ スーパーあずさ

         立川8:22発 茅野10:06到着

 ▪️アルピコバス

         茅野10:20発  車山高原11:17着

 

バスを降りてすぐのところに車山展望リフト乗り場があります。リフトに乗って中腹まで行き、そこからは歩きで車山山頂を目指します。

▫️車山山頂

f:id:ritsco:20160807191119j:plain

車山山頂まで行けるリフトもありますが、歩くことにしました。

良い天気だし、景色も良いし、ハイキング日和です。車山は1年前の5月に来ましたが、少し季節が変わって景色も変わっていました。

f:id:ritsco:20160807191131j:plain

車山山頂のシンボルの気象レーダーです。

良い天気で麓の街がよく見えます。ただ、周りの山々はあまり見えませんでした・・・富士山もどこかに隠れてしまいました。

f:id:ritsco:20160807191144j:plain

山頂は1925メートルもあるんですね。

f:id:ritsco:20160807191158j:plain

 

▫️車山山頂から車山肩

車山肩に向かいます。道はなだらかな下り坂で歩きやすいです。大きな木も生えていないため景色もよく見えて開放感抜群です。

f:id:ritsco:20160807193148j:plain

ラジコン?飛行機が飛んでいました。低空で飛んでいたので迫力満点でした〜

f:id:ritsco:20160807193158j:plain

とちゅに、大きな岩があります。去年はこの上に登れた覚えがあるのですが、今年はケルン化していました。たった1年で、ここまで成長しました。

f:id:ritsco:20160807193209j:plain

車山肩からみた、車山山頂の気象レーダーです。以外と遠いいですね。

f:id:ritsco:20160807193225j:plain

▫️車山湿原から蝶々深山

車山肩でお昼ご飯を食べて、再出発です。

車山湿原を歩きます。木道が引かれているので歩きやすいです。湿原といっても、沼地になっているところは無いです。昔はあったのでしょうか?

f:id:ritsco:20160807194654j:plain

レンゲツツジがたくさん咲いていました。ニッコウキスゲはまだこれからでしょうか?

f:id:ritsco:20160807194609j:plain

蝶々深山も全体的に緑色になっています。

f:id:ritsco:20160807194620j:plain

蝶々深山までの道も、木道が敷かれているので歩きやすいです。

f:id:ritsco:20160807194706j:plain

蝶々深山の頂上はこんな感じです。

f:id:ritsco:20160807194718j:plain

蝶々深山からの形式です。遠くまでよく見えます。

f:id:ritsco:20160807195820j:plain

▫️下山

車山高原バス停まで歩きます。

途中、スヌーピーに見える岩がありました。かわいいですね〜

f:id:ritsco:20160807194742j:plain

歩きはリフトに乗らずに、リフトを見ながら下山です。

f:id:ritsco:20160807194753j:plain

車山高原の辺りには多くの宿があるみたいです。一度、泊まってみるもの良いかも。

f:id:ritsco:20160807194804j:plain

ニッコウキスゲが咲く頃にも来てみたいな〜

 

雲海を見にトマムへ

2016/06/10〜2016/06/12の2泊3日で北海道に行ってきました。

 

羽田空港07:30発の飛行機で、新千歳空港に降り立ちレンタカーを借りて旅がスタートしました。

 

■1日目

札幌でお墓参りをしてからトマムに向かいました。

途中、美瑛に立ち寄り「ケンとメリーの木」の写真をパチリ

f:id:ritsco:20160731225741j:plain

ケンとメリーの木は昔からある観光スポットなのに、未だに多くの人が観光に来ていました。外人の人も多かった。

ケンとメリーの木は、老朽化が激しいそうです・・・

本日の観光はここで終了で、今回お世話になるホテルへ

▫️ホテル

星野リゾートゾナートマムが本日のホテルです。

f:id:ritsco:20160731232905j:plain

星野リゾートトマムには、リゾナートマムとザ・タワーの二つのホテルがあり、レストランや大浴場などの施設は共有できる仕組みになっています。宿泊する建物以外のレストランに行くときは、少し距離があるのでシャトルバスも出ていますが、歩いて行くこともできます。

f:id:ritsco:20160731235203j:plain

建物と建物の間は、屋根付き通路なので夜でも、雨が降っていても安心。

ご飯前のちょっとした散歩になりました〜

 

■2日目

 富良野、美瑛をレンタカーで観光です。

▫️青い池

水が真っ青な池です。Macの壁がに使われて有名になった場所ですが、写真と同じ様に水が青かった!!

f:id:ritsco:20160731235917j:plain

アルミニウムを含む地下水が流れてきて貯水池となり、光の屈折が水を青く光らせているようです。よく見ると枯れたカラマツの木々は、規則正しく植わっていました。実は人工的に植えた場所が、後から貯水池になったそうです。

f:id:ritsco:20160731235932j:plain

池の周りは、散策できるようになっています。道の脇の木々が白樺だったり、本州ではあまり見ない光景です。

f:id:ritsco:20160731235945j:plain

青い池の上流になるのが、白ひげの滝です。水が心なしか青く見えるきが・・・

f:id:ritsco:20160807175016j:plain

青い池、白ひげの滝に行くまでの車道は白樺並木が続く白樺街道でした。緑が綺麗でした。

▫️望岳台

白ひげの滝から、十勝岳方面にドライブ。

十勝岳連峰ですが、どれが十勝岳かはわからず・・・・

f:id:ritsco:20160807174937j:plain

望岳台は十勝岳登山口だそうです。リュックを背負った人がちらほらいました。

いつか、登りに行きたいな〜

f:id:ritsco:20160807175005j:plain

美瑛や富良野方面もよくみえました。

f:id:ritsco:20160807174951j:plain

▫️ファーム富田

富良野と言ったら、「ファーム富田」だよね・・・と言うことで、行ってきました。ただ、季節が少し早くてラベンダーはほとんど蕾でした。

f:id:ritsco:20160807180433j:plain

ラベンダー以外の花もたくさん植えられていて、綺麗に咲いていました。

f:id:ritsco:20160807175912j:plain

f:id:ritsco:20160807175924j:plain

f:id:ritsco:20160807175939j:plain

 ファーム富田に久しぶりに来ましたが、お店が増えていたり、レストランが増えていたり観光地化が進んでいました〜

少し時期が早いですが観光客も多くて、びっくり。特に外国人観光客が増えていました。

▫️カンパーナ六花亭

ブドウ畑の真ん中に、六花亭のお店がありました。

f:id:ritsco:20160807181201j:plain

四方、ブドウ畑に囲まれています。近くにふらのワイン工場があったので、この辺はブドウに適した土地なのでしょうか?

f:id:ritsco:20160807181138j:plain

ブドウは、ぶどう狩りなどでみる棚になっていないので、はじめはブドウ畑であることに気づきませんでした。ワイン用のブドウの育て方なのでしょうか?

f:id:ritsco:20160807181149j:plain

六花亭のお店はとてもお洒落なつくりで、ベランダや、店内にもベンチがありその場で六花亭のお菓子が食べれるようになっていました。無料のコーヒーも提供されていました。

▫️星野リゾート トマム

星野リゾートトマムの入り口からの景色です。奥のタワーが今回泊まっているリゾナートマムです。

f:id:ritsco:20160807181930j:plain

敷地内は綺麗に整備されていて、歩くこともできます。

f:id:ritsco:20160807181945j:plain

お部屋の様子です。ちょっとバブルの香りが・・・しますが、とても綺麗で広かったです。2名で泊まったのに、ベットが4台、お風呂が2つ、トイレも2つありました!

f:id:ritsco:20160807181956j:plain

▫️水の教会

施設内に「水の教会」というのがあり、結婚式などにも利用されるそうです。夜、見学ができるので見に行きました。

f:id:ritsco:20160807182603j:plain

教会の中に、池があり、その中に十字架が立っていました。

不思議な雰囲気です。

 

■3日目

3時半に出発する雲海テラス行きゴンドラ発車場までバスに乗りました。バスの中で、雲海発生確率を教えてくれるのですが、本日は「くもり」で雲海はでないとのことでした。雲海テラス行きゴンドラ乗車券が付いているプランだったため、雲海が出ないとしても雲海テラスに向かうことにしました。

※ゴンドラ乗車券は普通に購入すると大人5,000円です。

▫️雲海テラス

雲海発生は期待せず、ゴンドラに乗車しました。

f:id:ritsco:20160807183805j:plain

ゴンドラを降りたら、予想とは異なり雲海が発生していました〜?

f:id:ritsco:20160807183816j:plain

みごとな雲海です!

雲海が見えるのは運だと思っていたのであまり期待していなかったので、感動です。

f:id:ritsco:20160807183844j:plain

雲海テラスから、30分ぐらいで頂上にたどり着けます。

360°雲海がみれました。いや〜すごい。

f:id:ritsco:20160807183907j:plain

雲海が見れたことで、なんだか運が付いてきた感じ〜

f:id:ritsco:20160807184856j:plain

今回の旅の目的を達成しました!! 

 

 

 

川崎フロンターレVSジュビロ磐田

2016/05/29等々力陸上競技場で開催されたJ1リーグの試合を見に行きました。

 

川崎フローンターレVSジュビロ磐田の試合です。

 

ホームA自由招待券で、Jリーグ観戦です。

19:00キックオフで17:00開門だったので、16:00に等々力陸上競技場に到着しました。

久しぶりに等々力陸上競技場に来たら、新しくなっていました。

f:id:ritsco:20160807170307j:plain

開門までのは、近くを散策してみました。競技場以外は昔のままでした。Jリーグの試合があるからか?たくさんの屋台が出ていました。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」とのコラボレーションにより設置された、ドラえもんを発見!f:id:ritsco:20160807170257j:plain

競技場の中にもありました。全員集合です。

f:id:ritsco:20160807170321j:plain

席は2階席の上の方にしました。

たくさんの人で端の方にしか空きがありませんでした・・・でも、上から球場が良く見える席を見つけることができました〜

f:id:ritsco:20160807170332j:plain

試合は、川崎フロンターレが勝ちました〜

ジュビロ磐田のファンだからちょっと残念。でも久しぶりに名波監督をみれたので良かった。

f:id:ritsco:20160807170345j:plain

 

入笠山

2016/05/21 入笠山に行ってきました。

 

■アクセス

スーパーあずさに乗って「富士見」駅下車

「富士見」駅からシャトルバスで「富士見パノラマリゾート」まで

※無料シャトルバスが走っています。「富士見」駅発は10:00です。

シャトルバスに乗れなかった場合は、タクシーで行くことになります。

■富士見パノラマリゾート

冬はスキー場、夏はマウンテンバイクができる場所です。入笠山にはここからゴンドラに乗って行きます。

f:id:ritsco:20160703183000j:plain

ゴンドラ乗り場です。

f:id:ritsco:20160703183012j:plain

ゴンドラから、マウンテンバイクでコースを走っている人が見えます。急な坂道を勢いよく走り抜けていきます。楽しそう。

f:id:ritsco:20160703183023j:plain

ゴンドラを降りて、入笠湿原にむかって散策です。

f:id:ritsco:20160703183035j:plain

■入笠湿原

ゴンドラ駅から10分ぐらいで入笠湿原に到着します。

湿原内は、遊歩道として整備された道を歩けるようになっています。

f:id:ritsco:20160703183050j:plain

すずらんがたくさん生えてきていました。もう少ししたら、一斉に花を咲かしそうです。来年はもう少し時期をずらして咲いた花の景色を見てみたいです。

f:id:ritsco:20160703183102j:plain

花が咲いていなくても、綺麗な景色です。

f:id:ritsco:20160703183113j:plain

■入笠山

入笠湿原を通りぬけていよいよ入笠山登山です。登山口から入笠山頂上方面の景色です。登山口すぐは花畑が広がっています。もう少し時期がずれると花が咲きそうです。

f:id:ritsco:20160703183125j:plain

花畑を抜けると、本格的な登山道です。急な登りが少し続きますが、歩きやすい山道です。途中、迂回路がありましたが、岩場コースを登ります。危険でもないので、迂回路に行かなくても大丈夫です。

f:id:ritsco:20160703183138j:plain

30分ほど歩くと頂上に到着です。

f:id:ritsco:20160703183214j:plain

360°遠くの山々が見えます。途中までゴンドラで登れるので、1時間ぐらいでこんなに綺麗な景色が見れます。

f:id:ritsco:20160703183203j:plain

下りは、大阿原湿原方面に下ります。

f:id:ritsco:20160703183227j:plain

途中、木が倒れていました。根の裏がよくみえました。根は地表に張っている感じなんですね。

f:id:ritsco:20160703183245j:plain

大阿原湿原方面に行く途中、一部、舗装された道路を進みます。

f:id:ritsco:20160703183259j:plain

大阿原湿原入口です。歩く道は木道で整備されています。ここまで来る人は少ないみたいで、登山客はほとんどいませんでした。

f:id:ritsco:20160703183315j:plain

湿原です。まだ茶色いですね。少し季節が早かったのでしょうか?

とても広い湿原でびっくりしました。

f:id:ritsco:20160703183334j:plain

大阿原湿原の先から、テイ沢方面に行くことにしました。

f:id:ritsco:20160703183515j:plain

ものすごい自然のままの沢が永遠と続きました。

f:id:ritsco:20160703183528j:plain

自然の風や、沢の水の流れる音、石に生えた苔など、まさに自然を満喫です!

途中、道が途切れている部分もあり、ちょっと不安になりましtが、なんだかんだと道が続いていました。

f:id:ritsco:20160703183540j:plain

 途中、こんな部分も・・・でも、大丈夫でした!

f:id:ritsco:20160703183608j:plain

 テイ沢を抜けると林道に出ました。

林道途中に、高座岩方面への案内がありましたが時間の関係で通過してしまったので、次回は立ち寄りたいと思います。

f:id:ritsco:20160703183621j:plain

林道をひたすら歩いて行くと、入笠牧場にたどり着きます。牧場入口の門を乗り越えて(歩行者のみ乗り越えOK)前に進みます。牛が放牧されているから注意するよう、看板がありましたが、牛に出会うことはありませんでした。

f:id:ritsco:20160703183641j:plain

 牧場を抜けるとマナスル山荘に到着。

f:id:ritsco:20160703183652j:plain

ビーフシチューが有名ですが、本日はお弁当を持って行ったので乾杯?だけにしました〜

f:id:ritsco:20160703183703j:plain