立山 1泊2日の旅 2日目

立山の旅、2日目です。

 

1日目の様子はこちらから。

ritsco.hatenablog.com

 

(2日目)

内蔵助山荘→別山南峰→別山北峰→別山南峰→別山乗越→剱御前→別山乗越

雷鳥沢キャンプ場→みくりが池温泉→室堂→立山→富山→東京

 

▪️日の出

だいぶ天気が回復してきました。

天女が歩く道のような雲がでていました。自然って不思議ですね〜

f:id:ritsco:20171015142353j:plain

なんだか神秘的です。

日の出は雲に隠れてはっきりとは見えませんでしたが、これはこれで素敵です。

f:id:ritsco:20171015142543j:plain

 

▪️別山南峰

朝ごはんを食べて、出発です!また、雲に覆われていました。朝の不思議な空はどこに行ったのでしょうか?

f:id:ritsco:20171015142553j:plain

 

ちょっと道を間違えましたが、約1時間ほどで別山南峰に到着です。途中、何も見えませんでした😭

f:id:ritsco:20171015142605j:plain

別山南峰にザックを置いて、別山北峰に向かいます。

途中、少し雲が切れることがありました。雲が切れると、素敵な景色が覗けます。

f:id:ritsco:20171015142615j:plain

別山北峰に到着すると何も見えなかったのですが、薄い太陽の光が差し込み、ブロッケン現象を見ることができました。

薄くてわかりにくいですが、私の背後から太陽の光があたりブロッケン現象が発生していました〜

f:id:ritsco:20171015142629j:plain

 

▪️別山乗越

別山南峰に戻り、別山乗越に向かって出発です。相変わらず、雲の中。

f:id:ritsco:20171015143814j:plain

少し歩くと、だいぶ雲が晴れてきました。

f:id:ritsco:20171015143824j:plain

別山南峰から40分ほど歩くと別山乗越に到着。到着時はまだ雲がありましたが、30分ほど小屋の中で休憩していると、雲がなくなりました!

 

▪️剱御前

剱御前小舎にザックを置いて、劔御前に向かって出発。

f:id:ritsco:20171015144011j:plain

朝の出発時の天気からは想像できないぐらいの好天になりました。

剱岳も姿が見えてきました。あと少し!

f:id:ritsco:20171015143902j:plain

左の先にあるのが劔御前の頂上です。

f:id:ritsco:20171015143915j:plain

剱御前小舎から20分ほどで劔御前に到着です。三角点がありました。

f:id:ritsco:20171015143926j:plain

劔御前からの剱岳です。近くに見えますが、実際は遠くて大変な山ですよね。

劔御前から剱岳への道は、現在は封鎖されているそうです。

f:id:ritsco:20171015143950j:plain

劔御前から富山方面です。何となく街並みが見えますね。

f:id:ritsco:20171015143939j:plain

 遠くまでよく見えます。

f:id:ritsco:20171030002810j:plain

 

▪️雷鳥沢キャンプ場

剱御前小舎に戻り、いよいよ下山です。

周りの山々もよく見えます。やっぱり天気が良いといいですね〜😊

f:id:ritsco:20171015144022j:plain

ひたすら下ります。

写真の右上にある雲みたいなのは、温泉です。

f:id:ritsco:20171030003106j:plain

2日間で歩いてきた山々が一望できます。

f:id:ritsco:20171015144041j:plain

f:id:ritsco:20171015144104j:plain

剱御前小舎から雷鳥沢キャンプ場まで約1時間ほどで到着。登りは大変ですが下りはあっという間です。

f:id:ritsco:20171030003516j:plain

 

▪️みくりが池

雷鳥沢キャンプ場からは長い階段をのぼり室堂まで戻ってきました。みくりが池前の温泉に入り、2日間の汗を流しました。

f:id:ritsco:20171030003436j:plain

みくりが池です。バスの時間が迫っていてゆっくり見ることができませんでしたが、今度は室堂の周辺をのんびり散策しに来たいです。

f:id:ritsco:20171015144125j:plain

帰りは、室堂からバスとケーブルカーで立山にでて、富山駅に向かいました。

北陸新幹線に初めて乗りました〜😊

f:id:ritsco:20171015144136j:plain

北陸新幹線は、東海道新幹線よりシートが大きく快適でした。

 

天気にも恵まれ楽しい立山の旅でした。

途中、雲がかかり見れなかった景色を見に、また来たいです。

 

 

 

 

 

 

立山 1泊2日の旅 1日目

2017/09/09〜10で、立山に行って来ました。

 

竹橋から室堂行きの夜行バスに乗るところから今回の旅は始まります。

 

▪️今回の予定

(1日目)

竹橋→室堂→一の越→雄山→大汝山→真砂岳→内蔵助山荘

(2日目)

内蔵助山荘→別山南峰→別山北峰→別山南峰→別山乗越→剱御前→別山乗越

雷鳥沢キャンプ場→みくりが池温泉→室堂→立山→富山→東京

 

▪️室堂

前日の夜、竹橋から深夜バスに乗って室堂を目指します。

朝8時に室堂に到着! 晴天です☀️

f:id:ritsco:20171002003552j:plain

晴天ですが、9月の室堂の空気は冷たく秋を感じました。

これから登る山々です。稜線がよく見えます!

f:id:ritsco:20171029215246j:plain

 

▪️一の越

まずは一の越へ向かいます。山道は舗装されていて歩きやすいですが、途中、雪が残っていました。今年は雪が多かったから溶けなかったのかな?

f:id:ritsco:20171002003002j:plain

富山方面です。何となく街並みが見えますか・・・?

f:id:ritsco:20171002003013j:plain

約1時間ほどで一の越に到着しました。一の越からみた雄山方面です。

f:id:ritsco:20171002003023j:plain

一の越には宿がありましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・

 

▪️雄山

本日のメインイベントの雄山に向けてスタートしましたが。ものすごい人で、山道は大渋滞です。

f:id:ritsco:20171002003036j:plain

標高が高くなるについれて、遠くがよく見えてきましたが雲も見えるようになりました。

f:id:ritsco:20171002003047j:plain

一の越からスタートして1時間ほどで雄山に到着です。早速、雄山神社に参拝をしに行きました。

f:id:ritsco:20171002003057j:plain

神殿には宮司さんがいて、お祓いをしてくれます。

f:id:ritsco:20171002003121j:plain

神殿から見た景色です。

f:id:ritsco:20171002003110j:plain

雲☁️がでてきました・・・・

 

▪️大汝山(おおなんじやま)

雄山神社参拝後、大汝山に向けて出発です。

雄山を出発して30分かからずに大汝山に到着です。大汝山からは黒部ダムが見えます。すごく大きいことがわかりますね。

f:id:ritsco:20171002004324j:plain

大汝山頂は大混雑です。岩が幾つも立っている感じの不思議な山頂です。

f:id:ritsco:20171002003130j:plain

▪️大汝休憩所

大汝山頂のすぐ下に大汝休憩所がありました。

映画「春を背負って」のロケ地は、この大汝休憩所だそうです。ロケ風景が休憩所の中に貼られていました。

f:id:ritsco:20171002003147j:plain

お昼ご飯にうどんを食べました。具沢山のとても美味しいうどんでした🎶

うどんを食べて外に出たら、とうとうガスってきました!山の天気は変わりやすいです。

f:id:ritsco:20171002003200j:plain

 

▪️真砂岳(まさごだけ)

大汝山から真砂岳に向かって出発!

途中、幅1mほどの稜線が続きます。雲が無ければ良い景色なんだろうな〜

f:id:ritsco:20171002003210j:plain

ところどころ前がまったく見えなくなりながらも前に進みます。

大汝休憩所から50分ほどで真砂岳に到着です。

f:id:ritsco:20171002003221j:plain

ほとんど雲に隠れて景色が見れませんでしたが、雲と雲のあいまに景色が少しだけ見ることができました。雲が無ければ・・・と思いながら、山の天気なので受け入れよう。 

 

▪️内蔵助山荘

真砂岳から10分ほどで内蔵助山荘に到着です。本日の宿です。

f:id:ritsco:20171002003230j:plain

内蔵助山荘前に鳥が飛んでいたので、雷鳥だと思っていました。

初めて雷鳥見た!とテンションが上がって写真を撮りましたが、なんと「ホシガラス」でした!残念。すごく似ています。

f:id:ritsco:20171002004525j:plain

夕飯です。とても美味しかったです。量もちょうど良いです。

f:id:ritsco:20171029231356j:plain

内蔵助山荘はとても綺麗で、快適でした〜

天気が良くなかったので星が見れなかったのが残念です。また、来る理由ができました。

 

明日は別山雷鳥沢を経由して室堂に向かいます。

ritsco.hatenablog.com

入笠山 2017

2017/09/02に入笠山に行って来ました。

9月の入笠山は初めてです。

 

▪️出発

立川 7:52発  特急あずさ3号 富士見 9:42着

富士見 10:00発 無料シャトルバス 富士見パノラマリゾート 10:10着

無料シャトルバスは、富士見→富士見パノラマリゾートは10:00の1本です。繁忙期は何台もバスが来ているので、時間までに駅に着けば、必ず乗れます。

バスに乗れなかったら、タクシーか歩きです。歩きでも1時間ぐらいです。

 

▪️富士見パノラマリゾート

冬はスキー場ですが、夏はマウンテンバイクやパラグライダーなどのアトラクションがあります。

f:id:ritsco:20170903120120j:image

入笠山に行くには、富士見パノラマリゾートにあるゴンドラに乗ります!

f:id:ritsco:20170903120241j:image

 ゴンドラには、マウンテンバイクも乗るんです。

なんだか不思議な光景です。ゴンドラに乗っていると、マウンテンバイクで山を下っている光景が見れます。

f:id:ritsco:20170903120640j:image

ゴンドラの山頂駅からの景色です。良い天気なので、遠くの山々までよく見えます。

▪️入笠湿原

ゴンドラ駅から、入笠湿原に向かいます。

f:id:ritsco:20170903121211j:image

入笠湿原に鹿などの動物が入らないように囲いをしています。 

f:id:ritsco:20170903121146j:image

ゴンドラ山頂駅から10分ほどで入笠湿原に到着です。

春にはスズランが全面に咲くそうです。まだ一度も見たことがないですが・・・

f:id:ritsco:20170903121128j:image

湿原を保存するために木道が整備されています。

f:id:ritsco:20171001225242j:plain

この季節もお花は咲いています。

入笠湿原を通り過ぎたところに山彦荘があります。泊まれるみたいです。

f:id:ritsco:20171001225257j:plain

 

▪️御所平のお花畑

山彦荘から5分ほど歩いたところに御所平のお花畑に着きます。

f:id:ritsco:20171001225312j:plain

入笠山に向かう手前にお花畑があります。

f:id:ritsco:20171001225324j:plain

写真だとわかりにくいですが、お花も咲いています。

 

▪️入笠山

いよいよ入笠山山頂に向かいます。

f:id:ritsco:20170903120531j:image

お花畑を過ぎると、山道っぽくなります。

途中、岩場コースと岩場迂回コースに分かれます。今回は岩場迂回コースで頂上に向かいします。どちらを通っても、頂上までの時間は変わりません。

 

お花畑から30分かからず頂上に到着です!

f:id:ritsco:20171015135431j:plain

 

頂上からの景色です。360°山々が見えます。綺麗です〜。

f:id:ritsco:20170903120445j:image

今日のお昼ゴハンです。 

f:id:ritsco:20170903121129j:image

暖かいゴハン、良いですね〜

 

▪️大阿原湿原(おおあはらしつげん)

入笠山から大阿原湿原に向かいます。頂上から、裏登山道と言われる山道を下ります。

歩きやすい山道です。

f:id:ritsco:20170907195051j:image

首切清水と言う登山口を出ると、アスファルトの道に出ます。このアスファルトを進みます。

f:id:ritsco:20170907200041j:image

頂上から、歩くこと30分ほどで大阿原湿原に到着です。

f:id:ritsco:20170907195307j:image

歩道が整備されています。

途中、苔が生い茂っている場所もあります。湿原を一周するのに30分ほどかかりますが。いろいろな景色が見れて楽しいです。

f:id:ritsco:20170907195403j:image

帰り道は、アスファルトの道をひたすら戻ります。途中、近くの街や、山々がよく見えます。

f:id:ritsco:20170907195500j:image

▪️マナスル山荘

御所平のお花畑まで戻ってくると、近くにマナスル山荘があります。ここも、泊まれるようです。

f:id:ritsco:20170907200104j:image

 ここで少し休憩して、ゴンドラに乗って帰ります。

 

▪️帰り

ゴンドラで麓まで降りてくると、無料シャトルバスで富士見駅まで帰ることができます。帰りは富士見パノラマリゾート15:00発です。

今回は、歩いて富士見駅まで向かいます。

f:id:ritsco:20170907195906j:image

 途中、住宅街や麦畑?などを通るので、楽しい散歩です。

 

5月にしか来たことがなかったので、少し景色も違って楽しかったです。6月、7月に来るともっとお花が咲いている景色が見えそうです。

次回は、少し違う季節に来てみようかな〜。

 

 

伊勢旅行 2日目 伊勢神宮(内宮)と名古屋城 

伊勢旅行2日目です。

 

本日の予定は

猿田彦神社おかげ横丁伊勢神宮(内宮)→名古屋城

 

▪️本日の景色

f:id:ritsco:20170812190127j:plain

本日もすっきりしない景色です。今年の夏は、毎日こんな景色だそうです。 

それでも、海が広く見せます。

 

▪️朝食 

朝から豪華です!全てが美味しかったです!

f:id:ritsco:20170812190037j:image 

 

▪️展望台からの景色

 前日より、明るかな?

f:id:ritsco:20170812190221j:image

曇っていても素敵な景色なので、天気がよかったらどんな素敵な景色が観れるのでしょうか?見たかったな〜

また、「御宿The Earth」に来なくては?と言うことでしょうか?

お部屋も、お風呂も、お料理も、サービスも素敵でした。人気ホテルなので、予約も大変ですが、またお金を貯めて訪れたいホテルです!!

 

▪️五十鈴川駅

ホテルをチェックイン後、鳥羽駅までシャトルバスで送迎していただき、近鉄に乗って五十鈴川駅に到着。

ここから歩いて伊勢神宮(内宮)に向かいます。

最寄駅ですが、かなりシンプルな駅です。

f:id:ritsco:20170812190251j:image

あまりに人通りも少ないので心配になりましたが、駅から歩いて10分ぐらいのところに案内板があり安心しました。 

f:id:ritsco:20170812190516j:image

 天気も少し回復してきました〜

 

▪️猿田彦神社

伊勢神宮(内宮)に向かう途中にあった猿田彦神社に寄り道です。猿田彦珈琲と何か縁があるのでしょうか? 

f:id:ritsco:20170812190610j:image

 

▪️おかげ横丁

猿田彦神社から歩いて5分ほど歩くと、人だかりが・・・

駅周辺にはほとんど人を見かけませんでしたが、横丁の中は大混雑です。

f:id:ritsco:20170819122809j:plain

おかげ横丁の中にある、おかげ座の中はお祭りの屋台を再現したようなお店がありました。射的や、ヨーヨー釣りなど、懐かしい風景で賑わっていました。

f:id:ritsco:20170819122800j:plain

 

▫️五十鈴川

 おかげ横丁の横には五十鈴川が流れています。橋の上からの景色が、時代劇にでも出てきそうな街並みです。

f:id:ritsco:20170819122820j:plain

 

▫️赤福本店

伊勢といえば赤福ですよね。赤福本店です。

f:id:ritsco:20170819122829j:plain

 

▫️赤福

 赤福だけでなく、赤福氷が大人気!

f:id:ritsco:20170819122840j:plain

行列に並んで、食べてみました!

かき氷の中から赤福が出てきました〜 甘すぎず、ちょうど食べやすい甘味で人気の理由がわかります。

 

▪️伊勢神宮(内宮)

おかげ横丁を通り抜けると、伊勢神宮(内宮)に到着です。

f:id:ritsco:20170819123942j:plain

おかげ横丁と同様に、ここも大人気です。 

 

▫️宇治橋

 まずは、宇治橋を渡ります。右側通行です。

f:id:ritsco:20170819123952j:plain

 

▫️第一鳥居

f:id:ritsco:20170819124001j:plain

 

▫️正宮

 まずは、正宮から参拝です。外宮同様に、石段より向こう側での写真撮影は禁止です。

f:id:ritsco:20170819124012j:plain

内宮の各社殿にも、古殿地があります。正宮の古殿地は、現在の場所の右奥にありますが、通行止になっていて見ることができないようになっています。

 

▫️荒祭宮(あらまつりのみや)

別宮の荒祭宮です。内宮の中では最も格式が高い別宮だそうです。建物も他の別宮に比べて少し大きいです。

f:id:ritsco:20170819124021j:plain

 

▫️風日祈宮(かざひのひのみや)

 風日祈宮は、五十鈴川の支流である島路川を渡った先にあります。

f:id:ritsco:20170819124033j:plain

 

伊勢神宮参りは、ここで終了です。

2日間で参拝した宮社は、代表的な宮社だけでした。全部で125もあるそうです。全てを参拝しようと大変です。ちなみに、伊勢神宮の正式名称は神宮だそうです。 

 

伊勢神宮(内宮)からは、バスに乗り伊勢市まで行き、近鉄に乗って名古屋に戻ります。

 

▪️お昼ご飯

名古屋駅前で、エビフライサンドを食べました。名古屋名物の一つエビフライです。

f:id:ritsco:20170819122532j:plain

想像以上に美味しかったです。海老が大きくて、プリプリしていました。 

駅前の昔からありそうな喫茶店だったので、大きな期待はしていなかったのですが・・お持ち帰りもあったので、時間がないときはここで買って新幹線で食べるのも良いですね。

 

▪️名古屋城

名古屋に来たので、名古屋城を見てみよう!と思い立ち、駅前から名古屋城を見たら帰ろうとしたのですが・・・歩いても歩いても名古屋城は見えず・・・結局、名古屋城まで歩いてしまいました。

f:id:ritsco:20170819125150j:plain

中学生のときに、見にきて以来です。あまり覚えていないので、ほぼ初めてと同じです。すごく立派です!

緑の屋根と、金の鯱鉾が特徴ですかね?

名古屋城は、戦争で焼けてしまったので、今あるのは戦後に建てられたものです。

f:id:ritsco:20170812190735j:image

外は、昔の趣を残して再建されていますが、中はエレベーターもあるビルです(ー ー;)

それはそれで面白い。

 

▪️名古屋市役所

名古屋城を出たら、目の前に名古屋市役所がありました。珍しい建物ですね。 

f:id:ritsco:20170812190659j:image

 

▪️新幹線

名古屋駅から新幹線に乗って帰ります。

f:id:ritsco:20170812185907j:image

 名古屋産のビールを飲みながら帰宅です。

 

 今回の旅は、「御宿 The Earth」に宿泊するのが目的でしたが、伊勢神宮名古屋城まで見学できて、大満足です。

少し天気に恵まれなかったこともあるので、また「御宿 The Earth」に泊まりに来たいです。今度は志摩まで行きたいな〜

 

伊勢旅行 1日目 伊勢神宮(外宮)と鳥羽水族館 

2017/08/11〜12で、伊勢、鳥羽に行って来ました。

 

▪️出発

品川 6:51発  新幹線のぞみ201号 名古屋 8:23着

名古屋 8:50発 近鉄名古屋線特急 鳥羽行き 伊勢市 10:11着

約3時間半の旅です。朝早い出発ですが、その分早く目的地に到着しました!

 

本日の予定は

伊勢神宮(外宮)→鳥羽水族館→御宿 The Earth

 

▪️伊勢神宮(外宮)

まずは、伊勢市の駅から歩いて伊勢神宮(外宮)に向かいます。

f:id:ritsco:20170812174724j:image

▫️第一鳥居

のんびり歩いても10分もかからず、第一鳥居に到着です。

伊勢神宮には、人生で初めてやってきました。なんだか厳かな気持ちになりました。

f:id:ritsco:20170819121620j:plain

▫️正宮

まずは、正宮から参拝です。鳥居の向こう側は撮影禁止です。

f:id:ritsco:20170812174928j:image

ガイドブックには「おみくじとさい銭箱が無い」と書かれていました・・・確かにさい銭箱はありませんでしたが、代わりに白い布が敷かれていていました。

 

▫️風宮

別宮の一つの風宮です。

正宮をお参り後は、多賀宮、別宮(土宮、風宮)の順で参拝が順路だったようですが、間違えて風宮からお参りしてしまいました。

f:id:ritsco:20170812175002j:image

▫️土宮

もう一つの別宮、土宮です。土宮だけが東向きに立っているそうです。他は全て南向きです。

f:id:ritsco:20170812175046j:image

何故か、遠くからの写真しか撮っていませんでした・・・?

 

▫️多賀宮

多賀宮までは、98段の石段を登ります。

f:id:ritsco:20170812183659j:plain

多賀宮も別宮の一つだそうです。

石段を登れない人は、正宮手前の参道にある「別宮遥拝所(べつぐうようはいしょ)」からお参りできるそうです。

f:id:ritsco:20170812175115j:image

全ての社殿横には、古殿地(こでんち)があります。これが、式年遷宮の際に、新しい社殿を建てる場所のようです。今は、綺麗な更地になっています。次の式年遷宮後は、社殿が建てられている場所が変わっているということですね。

 

▫️裏参道

裏参道には御厩(みうまや)があり、白馬がいました。

なんだか眠そうでした・・・

f:id:ritsco:20170812183803j:image

とても綺麗な馬です。

 

▪️伊勢うどん

お昼ご飯に伊勢うどんを食べました。人生初です。

f:id:ritsco:20170812183854j:image

すごくもちもちしていて美味しかった!

うどんと言ったら、腰のある麺が特徴だと思っていましたが、伊勢うどんは、麺に腰が見当たりませんでした。不思議な食感でしたが、これはこれでクセになる感じです。

 

▪️鳥羽

伊勢市から、近鉄に乗って鳥羽まできました。

鳥羽と言ったら、鳥羽一郎した連想しませんでしたが、真珠が有名みたいですね。

f:id:ritsco:20170812184016j:image

 

▪️鳥羽水族館

鳥羽駅から歩いて10分ほどの所にある鳥羽水族館に行ってきました。

f:id:ritsco:20170812184050j:image

 

▫️せいうちショー

アシカショーを見ようと思っていたら、間に合わず・・・セイウチショーを見学することに。セイウチショーは大人気で、観客が大勢いました。セイウチが予想外に芸達者でびっくりです!

f:id:ritsco:20170812184128j:image

15分ほどのショーでしたが、とても楽しめましたよ〜

 

▫️セレナ

鳥羽水族館のみどころの一つであるジュゴンのセレナです。

日本でジュゴンを飼育しているのは、鳥羽水族館だけだそうです。知らなかった。しかも、入館して今年で30年経つそうです。ジュゴンの寿命はどれくらいなのでしょうか?

f:id:ritsco:20170812184326j:image

のんびり、水槽を回遊してくれているので、とても近くでジュゴンを見ることができます。目が小さい!!

鳥羽水族館には、この他にもラッコやダイオウグソクムシなども見られて、たっぷり楽しみました。

 

▪️御宿 The Earth

今回の滞在先は、鳥羽駅から車で30分ほどのところにある「御宿The Earth」です。

f:id:ritsco:20170812184446j:image

宿から太平洋が一望できてるホテルです。

f:id:ritsco:20170812184532j:image

しかし、本日は薄曇り。

 

お部屋は広々していて、部屋に温泉がついていました。

f:id:ritsco:20170812184700j:image

贅沢なホテルです!

部屋からの景色ですが、曇っています・・・ (ー ー;)

f:id:ritsco:20170812184805j:image

 

外を散歩しましたが、やっぱり曇っていました(ー ー;) 当たり前ですが。

f:id:ritsco:20170812185236j:image

 

展望台にも行ってみました。

f:id:ritsco:20170819121545j:plain

やっぱり曇っていました・・・・(ー ー;)

 

▫️夕飯

外は何度見ても曇っているので、夕食に期待です。

夕飯は、和食のコースです。

黒鮑バター焼きです。鮑がとても柔らかく、こんなに柔らかい鮑を食べたのは初めてです。美味しい♫

f:id:ritsco:20170812185036j:image

 牛ロースです。これまた柔らかくて、とても美味しかったです。

f:id:ritsco:20170812184852j:image

どのお皿も美味しく、大満足です♫

 

夕食中に、外は大雨となりました。

今年の夏は、天気に恵まれない感じです。

 

明日は、伊勢神宮(内宮)に向かいます!

ritsco.hatenablog.com

 

カナディアンロッキー 6泊8日の旅 その6 ※レイク・アグネス&ビーハイブス

カナダ6日目は、レイク・アグネス&ビーハイブスコースをハイキングです。

今回もガイドブック「カナディアンロッキーのハイキング・ガイド」を参考にしました!

カナディアンロッキーのハイキング・ガイド

カナディアンロッキーのハイキング・ガイド

 

  

▪️フェアビュー・マウンテン(Fairview Mountain)

昨日登ったフェアビュー・マウンテンを、レイク・ルイーズから見た姿です。

結構、登ったんだ〜

f:id:ritsco:20170730093831j:plain

▪️レイク・ルイーズ

朝のレイク・ルイーズです。前日までとは違った色に見えるのが不思議です。

太陽の当たり具合で、色々な姿を見せてくれる不思議な湖です。

f:id:ritsco:20170730093841j:plain

▪️ミラー・レイク(Mirror Lake)

本日もレイク・ルイーズの湖畔からスタートです。湖畔わきから、ミラー・レイク方面に向かうハイキングコースがあります。なだらかな坂をひたすら登ります。

f:id:ritsco:20170730093851j:plain

人気のハイキングコースということで、多くの観光客が歩いていました。

35分ほど歩くと、ミラー・レイクに到着です。

f:id:ritsco:20170730093903j:plain

ミラー・レイクと名前がある通り、鏡のように澄んだ湖です。

f:id:ritsco:20170730093912j:plain

ミラー・レイクの奥にはビッグ・ビーハイブがそびえています。このあと、頂上まで登ります!

▪️リトル・ビーハイブ(Little Beehive)

ビッグ・ビーハイブの前に、ミラー・レイクの右手にあるリトル・ビーハイブから制覇です。ミラー・レイクから40分ほど登るとリトル・ビーハイブの頂上にたどり着きます。ミラー・レイクからのコースは、少し狭く、道のそこらじゅうに馬糞が落ちているので、注意が必要です!

リトル・ビーハイブの頂上は展望台になっていて、レイク・ルイーズがよく見えます。

f:id:ritsco:20170730093933j:plain

レイク・ルイーズの色が、朝みた色と違って見えるところが不思議です。

どこからみても素敵です。

 

f:id:ritsco:20170730093943j:plain

リトル・ビーハイブまでの道のりに、馬糞が落ちている理由はこれです。

乗馬でリトル・ビーハイブの頂上まで行くことができるからです!

細い道なのに、人間を上手に避けて登っていきます。馬の賢さにびっくり!

 

▪️レイク・アグネス(Lake Agnes)

 次は、レイク・アグネスです。リトル・ビーハイブから15分ほどでレイク・アグネスに到着です。

f:id:ritsco:20170730093953j:plain

レイク・アグネスの湖の色も、今までの湖と違った色をしています。少し曇っていたので写真のような色ですが、晴れているともう少し青い色に見えるみたいです。晴れている時のレイク・アグネスもみてみたかった。

レイクアグネスの、湖畔にはティーハウスがあります。大混雑で入れなかったので、テイクアウトで、レモネードを購入して飲みました。美味しかった!

f:id:ritsco:20170730094002j:plain

リトル・ビーハイブを経由せず、ミラー・レイクから直接レイク・アグネスまでの道があります。 ミラー・レイクから直接レイク・アグネスに来る観光客の方が多く、レイク・アグネスの湖畔は多くの観光客で賑わっていました。

 

▪️ビック・ビーハイブ(Big Beehive)

いよいよ、本日のメインイベントのビック・ビーハイブへ向かいます。

レイク・アグネスの湖畔を半周ほど歩くと、レイク・アグネスの水源の氷河が見えます。

f:id:ritsco:20170730094359j:plain

氷河はあまり見えませんが、氷河が岩を削った地形特有の景色が見えます。昔は、この辺り全て氷河だったのでしょうか?

地球の歴史を感じます。

レイク・アグネスの湖畔からビック・ビーハイブへの道があります。

f:id:ritsco:20170730094410j:plain

かなり急な道ですが、長くは続かないので、少し頑張ればなんとか登れます。

ティーハウスから40分ほどで、ビック・ビーハイブの頂上に到着します。

f:id:ritsco:20170730094425j:plain

レイク・ルイーズがよく見えます。湖の色が素敵です!何度見ても飽きません。

遠くの山々もよく見えます。

f:id:ritsco:20170730094634j:plain

頑張って登ったかいがあります!!

頂上は展望台になっていて、休憩にはもってこいです。お昼ご飯を食べていたら、リスと鳥が寄ってきました・・・人間に慣れてしまっています。

 

帰りはミラー・レイク経由でレイク・ルイーズまで戻ります。

f:id:ritsco:20170730094457j:plain

途中までは晴れていましたが、帰る途中から雨が降ってきました。

レイク・ルイーズに到着した頃は、すっかり雨模様。

f:id:ritsco:20170730094725j:plain

雨の中のレイク・ルイーズも幻想的で素敵です。

今回のカナディアンロッキーの旅、最後のハイキングです。どのハイキングも思い出深いものになりました。

 

本日のハイキング後も、シャトー・レイク・ルイーズで1杯♫

f:id:ritsco:20170730094507j:plain

 

▪️バンフ

ハイキング後、旅の前半に滞在していたバンフのホテル「Brewsters Mountain Lodge」まで戻りました。

カナダ最後の夕食は、バンフ・アベニュー沿いの「Athena Pizza and Spaghetti House」でビールとピザです。

f:id:ritsco:20170730094734j:plain

ベーコンとマッシュルームのピザです!ボリューム満点で美味しかった!!

f:id:ritsco:20170730094745j:plain

 

▪️帰国

 帰りは、バンフから車でカルガリー空港まで送迎してもらいました。カルガリーまではアルバータ牛が放牧された牧場が永遠と続く大平原です。バンフのロッキー山脈の景色と正反対です。今回は車からだけの眺めでしたが、いつか、カルガリーの街を歩くのも楽しそう。

カルガリー空港は新しくとても綺麗です。設備も最新化されていて、チェックインだけでなく受託手荷物の手続きも自動化されていて、係員がいません。

f:id:ritsco:20170807233113j:plain

ここでカナダともお別れです。また、いつか来てみたいです♫

 

 

カナディアンロッキー 6泊8日の旅 その5 ※フェアビュー・マウンテン

カナダ5日目は、ガイドブック片手にフェアビュー・マウンテンをハイキングです。

ガイドブックは「カナディアンロッキーのハイキング・ガイド」を日本で購入して、今回のハイキングコースの参考にしました。

カナディアンロッキーのハイキング・ガイド

カナディアンロッキーのハイキング・ガイド

 

 

▪️レイク・ルイーズ(Lake Louise)

朝8時少し前にホテルを出発して、まずは朝のレイク・ルイーズ見学です。前日の夕方の雰囲気とだいぶ違います。湖の色も、だいぶ明るく見えます。

この時間だと、観光客も少なく静かに湖を眺めることができます。

f:id:ritsco:20170730092458j:plain

 

▪️フェアビュー・マウンテン(Fairview Mountain)

 今日のメインイベントは、レイク・ルイーズの湖畔にそびえるフェアビュー・マウンテンの頂上まで登ることです。

レイク・ルイーズの湖畔がトレッキングコースのスタート!

f:id:ritsco:20170730092507j:plain

スタート直後は針葉樹林の間にあるトレッキングコースを歩きます。なだらかな上り坂になっていますが、勾配が緩やかなのでとても歩きやすいです。

 

少し登ると、レイク・ルイーズ湖畔にあるシャトー・レイク・ルイーズが上から見えるようになってきます。緩やかな登りですが、いつの間にか標高が高くなっているのがわかります。

f:id:ritsco:20170802094332j:plain

ところどころ、雪崩れ跡があります。何箇所かありましたが、どこも新しい草木が生えてきていて、自然のたくましさを感じました。高い木が少ないため、高山植物がたくさん咲いていました。

f:id:ritsco:20170730092528j:plain

咲いていた高山植物の一部を紹介します。

f:id:ritsco:20170730092539j:plain

名前はわかりません・・・

いつか勉強しようと思います!

f:id:ritsco:20170730092549j:plain

この赤い花は、インディアンペイントブラシです。色々なところに咲いていて、この写真の花は赤いですが、もう少し白い色の花もありました。

f:id:ritsco:20170730092558j:plain

f:id:ritsco:20170730092610j:plain

カラマツの林です。秋になると黄色く色づくそうです。黄色く色づいた景色もみてみたいな〜

f:id:ritsco:20170730092620j:plain

木々の背も低くなり、少し歩くとサドルバックと言われる分岐点に到着!

ここまで1時間半ほどです。

ドルバックからのフェアビューマウンテンの様子です。今までと違い、草木がない山道です。よ〜く見ると、登山道が見えます。

f:id:ritsco:20170802183954j:plain

 

ドルバックから見える、周りの山々です。山が近い!

 

f:id:ritsco:20170730092820j:plain

 

ドルバックで休憩をして、いよいよフェアビュー・マウンテンの頂上目指して出発!

出発直後は、まだ緑があります。けど、少し勾配が急になてきました。

f:id:ritsco:20170802184610j:plain

少し歩くと、こんな道になり勾配もかなりあり、とても歩きにくいです。

登っては休み、登っては休み、まだまだ道は続く・・・そんな感じ・・・

f:id:ritsco:20170802184817j:plain

ドルバックから1時間ぐらいかかりやっと、頂上到着!!

頂上の写真を探しましたが・・・なぜかありませんでした???

頂上からのレイク・ルイーズです。

f:id:ritsco:20170730092830j:plain

頂上からの、周りの山々です。さっきまで上を見上げていたのが、同じ目線に頂上があります!

f:id:ritsco:20170730092844j:plain

頂上からの、シャトー・レイク・ルイーズです!

f:id:ritsco:20170730092853j:plain

疲れましたが、登った甲斐がありました〜

頂上でお昼ご飯を食べていたら、突然、天気が悪くなり強風が吹いてきました。さっきまで暑かったのですが・・・一気に、冬がやってきました。山の天気ですね。

 

お昼ご飯後は、きた道を戻ります。

 

 

下山後は、またレイク・ルイーズです。何度見ても素敵ですね。

f:id:ritsco:20170730093144j:plain

シャトー・レイク・ルイーズで、フェアビュー・マウンテン登頂のお祝いです。

おしゃれなサラダと

f:id:ritsco:20170730093155j:plain

ビールです(^o^)

f:id:ritsco:20170730093204j:plain

ハイキング後の一杯は最高!

 

今日は、カナダの自然満喫でした〜

明日も、レイク・ルイーズ周辺のハイキングです。 

その様子は次のブログで紹介します。

ritsco.hatenablog.com