読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラオ旅行 その3 ※ガラツマオの滝

▪️パラオ3日目

今日は、「ガラツマオの滝ツアー」に行きます。

海ではなく、陸のツアーです。

 

◆朝食

今日も朝食はホテルのバイキングです。レストランからの景色です。

f:id:ritsco:20160225000417j:plain

今日も良い天気です!

f:id:ritsco:20160225000406j:plain

今日は、フレンチトーストを頼んでみました。シナモンが少し効いていて美味しかった。 

 

◆今日はアンテロープツアーズの「ガラツマオの滝半日ツアー」に行ってきました。

 ツアー会社の車がホテルまで迎えに来てくれます。

ツアーメンバーはガイドさん入れて4名でしたので、自家用車みたいなセダンで出発です。

 

◆倒れた鉄塔

 

f:id:ritsco:20160225001307j:plain

第二次世界大戦の時に日本軍が通信塔として使用していた鉄塔だそうです。

戦争で負けた時、アメリカ軍に利用されないように、日本軍が自ら破壊して倒したそうです。

パラオの法律で、戦跡を撤去したり、解体してはいけないことになっているので、当時のまま残っているそうです。

f:id:ritsco:20160225001541j:plain

みぎの方にあるのが、ゼロ戦の残骸です。

プロペラが1本のみしか残っていません。残りの2本は中国人が切り取って持ち帰ったそうです。この事件がきっかけで当時の大統領が戦跡を動かしてはいけない法律を作ったそうです。

博物館などに集めるよりは、そのまま残っていた方が当時の状況が生々しく伝わる気がしますね。

 

◆不発弾の表札

f:id:ritsco:20160225001351j:plain

不発弾が表札になっています。第二次世界大戦で日本軍に所属して生還した人が以前住んでいたそうです。

 

◆パイナップル工場跡地

f:id:ritsco:20160225001457j:plain

戦前は、ここにパイナップル工場があったそうです。日本人が現地の人と一緒にパイナップルを育てる畑と、缶詰にする工場を経営していたそうです。

今は、ほとんど面影がないです。

 

◆ガラツマオの滝の登山口です。

f:id:ritsco:20160225001641j:plain

 クマが吊るされています・・・

ここから、ツアー会社が貸してくれる靴に履き替えて、滝に向けて出発です! 

f:id:ritsco:20160225000511j:plain

帰り道が登りなので、自分の足で登りたくない人はこのトロッコで運んでくれるそうです。有料ですが・・

f:id:ritsco:20160225001739j:plain

このレールがトロッコのレールです。細い・・ 

行きはひたすら下りです。

f:id:ritsco:20160225001817j:plain

2本の木が1本に繋がっています。珍しい。

パワースポットだそうです。この前で、写真を撮ったのですが、独身の人は自分が映った写真を持っていると、良い出会いがあるそうです。

f:id:ritsco:20160225001922j:plain

少し歩くと、景色が開け滝が見えてきました。

わかりますか?撮った私も、まったくわかりません。肉眼では見えたので、どこかに写っているはず?

f:id:ritsco:20160225002000j:plain

ジップラインと言って、ロープに滑車を付けてジャングルの上を一気に下れる乗り物です。イッテQでも紹介されたそうです。

ちょっと怖そうなのと、まずは歩きを楽しみたかったので今回は乗りませんでした。

f:id:ritsco:20160225002120j:plain

 ひたすら下ると、川にでました。

だんだん滝に近づいている感じです。

f:id:ritsco:20160225002153j:plain

30分ぐらい歩くと滝に到着!

写真だと迫力が伝わりにくいですね・・・

f:id:ritsco:20160225002626j:plain

滝の裏にも行けます。ちょうど水が落ちてくる下に行くと、滝行をしている気分を少し味わえます。必ず水着着用です!びっしょり濡れるので。

f:id:ritsco:20160225002724j:plain

 虹がでていたので、虹を撮ったつもりですが・・・写っていないですね。

滝のすぐそばは防水カメラがオススメです。

 

f:id:ritsco:20160225002038j:plain

滝からの帰り道は、ひたすら登りです・・・

直射日光を浴びながらの登りは、結構大変でした〜

でも、ちょっとしたトレッキングをパラオで体験できて楽しかったです。

帰りは、コロールの街を案内してもらいながら、ホテルまで送ってもらいました。1日コースもありましたが、滝だけを楽しむのであれば半日ツアーで十分楽しめますよ🎵

 

◆コロールの街を散策

一度ホテルに帰り、着替えてからタクシーに乗ってコロール市街まで行きました。タクシーはホテルから乗って$7でした。

f:id:ritsco:20160225002829j:plain

コロールの街の道路です。パラオは信号が一つもないのです。昔、信号を付けたことがあるそうなのですが、信号を付けた途端に交通事故が多発したそうです。その当時の大統領が、「信号があるから交通事故が起こるんだ!」ということで、信号を全て撤廃したそうです。その後は、交通事故が起きなくなったそうです。目からうろこですね。

 

◆お昼ご飯

ツアーのガイドさんに紹介していただいた、「MJバーガー」に行ってみました。

f:id:ritsco:20160225000608j:plain

飲み物はこれです。

f:id:ritsco:20160225000621j:plain

日本には無いですよね〜日本語が書いてありますが・・・

f:id:ritsco:20160225000637j:plain

ハンバーガーです。ものすごく美味しかったです。

人気店みたいで、ひっきりなしにお客さんが来ていました。持ち帰りもやっていて、持ち帰る人が多かったです。ハンバーガー以外にも、いろいろなメニューがありましたよ。

◆シェイクを飲みに

f:id:ritsco:20160225000704j:plain

ここも、ガイドさんに教えていただいたシェイクの美味しいお店。

f:id:ritsco:20160225000652j:plain

マンゴーシェイクが飲みたかったのですが、売り切れでした。ストロベリーシェイクとパイナップルジュースを注文しました。ジュースは缶でした・・あれ

シェイクもジュースも、とっても美味しかったです。

f:id:ritsco:20160225002925j:plain

コロールの街を散策していると、公園の一角に幾つか小屋があり、その中でチェスをしていました。パラオはチェスが流行っているんでしょうか?

 

◆夕飯

コロールからタクシーでホテルに戻り、ココナッツ・テラスで夕飯です。

f:id:ritsco:20160225000749j:plain

今日は、プールサイドのカウンターバーで夕食にすることとしました。

f:id:ritsco:20160225003009j:plain

すると、ポップコーンがでてきました。

しかも自家製です。

f:id:ritsco:20160225003021j:plain

今日の夕飯です。牛肉のオイスター炒めみたいな料理です。 

f:id:ritsco:20160225003122j:plain

写真では分かりにくいですが。今日はお客さんがたくさんです。

中国系の観光客が団体でやってきて、レストランを占拠していました。ちなみに、夕方のプールも中国系観光客でイモ洗い状態になっていました。

 

明日は「サウスロックアイランドツアー」でシュノーケリングをしに行きます‼️

その様子は「パラオ旅行 その4」で紹介します。※近日公開予定